切手買取価格で思わぬ高値になることもある未使用の普通切手

切手買取というと、記念切手やプレミア切手など特別な切手ではない限り高値がつかないという印象をもっているという方も少なくないかと思います。
特に郵便局などで普通に購入できる普通切手は、どんなものでも価値がないと思い処分してしまうこともあるでしょう。

実は普通切手の中でもプレミアが付くものもあります。
例えばすでに手に入れることが難しくなっているものの未使用品があった場合、思わぬ価格がつく場合があります。

参考:切手買取

それらの多くは明治から大正時代にかけての切手が多いですが、昭和中期あたりであっても未使用かつ状態が良ければ高値で買取されることも珍しくありません。
古いものでなくても、印刷に不備があるなどいわゆるエラー切手と呼ばれるものであれば希少性が高いということで高額がつくこともあるでしょう。

また、使用済みであっても状態が良ければ買取可能な場合もあるため、まずは査定を依頼してみるのがおすすめです。
査定は必ず複数社に依頼をして、より高値で買い取ってくれる業者を選ぶようにするのが良いでしょう。

切手はシート状になっている方が状態がよいと判断されることが多いものの、バラであるからといって買取を拒否されることはほぼありません。
なるべくきれいに見えるよう整理して、少しでも高い買取価格がつくように工夫してみるのも良いでしょう。