債務整理で借金減額するときの弁護士相談

債務整理とは、主に借金過多に苦しんでいる個人の方々が、今後どのように負債を返済していくか(任意整理、個人再生)?
それとも、返済をあきらめるのか(破産)を選択するための手続です。

債務整理をする必要がある場合は、ほとんどの場合は弁護士に依頼をして、債権者らと借金減額の交渉をしてもらうことになるでしょう。
そこで、手続きを法律事務所に依頼する場合の大事なポイントについて、大きく2点にまとめてみたいと思います。

まず、弁護士との信頼関係を構築することに全力を尽くすことです。
整理をする依頼者と弁護士というのは特別な関係です。

とは言え、突き詰めるとあくまで他人同士でありますので、まずは信頼関係を構築しなければ、手続きも円滑に進まなく可能性があります。

弁護士もボランティアでやっているのではなく、あくまで仕事として、ビジネスとして債務整理の業務を取り扱っているという認識が重要です。

たとえば、依頼者が資料をちゃんと出してくれない、連絡がつかない、依頼者がまるで他人事であるように真剣に取り組まない、ということがあれば、案件に対するモチベーションも急激に下がり、他の案件よりも後回しにされてしまう危険性すらあります。

そのような事態を避けるためには、連絡は優先的に対応するなど、なるべく早く信頼関係を構築できるように、誠意ある対応をする必要があるでしょう。

次に、弁護士費用について、事前に見積書をもらうなどして、明確にしておくことです。
お金の問題は、事前にしっかりと決めておかないと、後でふっかけられる可能性もある、極めて重要な問題です。

このような事態を防ぐためには、法律事務所に事件を依頼する前に、事前に十分な説明を要求することが重要です。
ほとんどの弁護士は、費用について敏感ですから、依頼者から説明を求められると、誠意ある対応をしてくれることがほとんどです。

このように、債務整理をするにあたっては、上記2点をまずは押さえておくことで、満足できる借金減額を得られる可能性が高まるでしょう。
重要なことなので、しっかり認識しておきましょう。

債務整理で借金減額するための弁護士の知識・スキル

債務整理で借金減額をする際は、当然のことですが、弁護士を誰か選ばないといけません。
これを行わない限り、法的な手続きを行うことはできないですし、先に進むことはできません。

また、弁護士を選ぶとなった場合、どの弁護士を選べば良いのか、迷ってしまうこともあるものです。
そこでここでは、債務整理を依頼する弁護士をどのように絞り込んでいけば良いのかについてお話します。

この際に大切なことは、まず、法律の専門家としての知識やスキルをチェックすることです。
これがきちんとできていないと、自分に合った弁護士を選ぶことができず、かえって途方に暮れてしまうことにもなりかねません。

もちろんですが、これではせっかく費用を支払って手続きを依頼しても、自分の納得のいく借金減額ができないままで終わってしまいます。
そうならないようにするためにも、同じ法的手続きなのであれば、絶対に優秀な弁護士に依頼する方が良いのです。

知識については、任意整理に関する知識はもちろんのこと、他の債務整理に関する知識も兼ね備えている方が望ましいです。

というのも、任意整理のみが可能で他の債務整理ができない弁護士よりも、自己破産や個人再生などについても幅広く知っている方が、色々な知識を駆使して借金減額を行うことに繋がるものです。

また、知識だけあって頭でっかちでもスキルが全くないようでは、せっかくの知識も使い物にならないので、スキルもきちんと重視したいものです。

参考サイト:債務整理

借金減額シミュレーターで債務整理

借入が膨らみに膨らんで、到底返すことができないと悩んでいる人はこの現代社会でかなり存在しているでしょう。
しかし、借金を減額する方法はちゃんとあります。
もちろん、一番は仕事を増やすなどして自分の力で返すことですが、それだけではどうしようもなくなることもあるでしょう。

そんなときに最後の頼みの綱となるのが、弁護士などの法律の専門家に相談して債務整理する方法です。
特に多いのが任意整理・個人再生・自己破産でしょう。

任意整理は借金減額して、利息分をカットしてもらったり、返済方法を変更してもらうことです。
利息カットなんてできるのと思いがちです。

しかし最近では借金の踏み倒しや自己破産もかなり増加していてそれで、全く貸したお金が返ってこないのなら利息カットでもお金が返ってくる方が貸す側にとってもいいのです。

個人再生はある一定の期間で収入に応じた支払い金額をちゃんと返済すれば一部の金額の返済は減額してもらえる債務整理方法です。

そして、自己破産は申請すればもう全く返済の必要は無くなります。
但し、職業の制限などペナルティーもとても多いです。

また、どの債務整理の方法でも、一度申請すれば事故としてブラックリスト入りし、しばらくはお金を借りることは出来なくなります。
その点には注意しましょう。

どの債務整理方法が向いているかは、借金減額シミュレーターで診断すれば簡単に分かります。