Archives

六本木で肉を食べるならベンジャミンステーキハウスがオススメ

ベンジャミンステーキハウスでは、ボーンステーキをメインとしたランチ、1万2000円のコースがオススメです。
最初にオリジナルのベンジャミンサラダが登場、味付けはしつこくなく、素材の味が活かされており非常に旨い。

次はオリジナルスープのベンジャミンスープかロブスターのスープを選べるのですが、選んだのはロブスター!
ロブスターの濃厚な味わいが口一杯に広がりおかわりしたくなること間違いなし。
途中で運ばれてくるパンとの相性も抜群です。

そしていよいよメインのTボーンステーキ300gが、マッシュポテトと塩気のあるほうれん草と共に。
ステーキはシンプルに塩コショウで味付けされ、皿の端にバターで味付けされた液状のタレが、テーブルにはバーベキューソースを思わせるステーキソースもあるので飽きが来ることなく、存分に300gのステーキを堪能できます。

ベンジャミンステーキハウスは、スタッフの対応も料理の値段に相応しく気持ちよくランチタイムを過ごすことができました。
赤ちゃんも入店可能で、店舗に到着時に連絡すれば、

スタッフがベビーカーを運んでくれたり、従業員専用のエレベーターに案内してくださるようです。
ベンジャミンステーキハウス店内にはオムツ替えの場もあります。

誕生日などの記念日に利用するとメッセージ付きのデザートを用意してもらえます。
ぜひ足を運んでみてください。

店名:ベンジャミンステーキハウス
住所:〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14−4 レム六本木ビル B1F
電話:050-3187-9089

This entry was posted on 2021/02/28, in 洋食.

ボンヴォイージ、岡山市倉田の洋風な雰囲気のカレー店

店名:ボンヴォイージ
住所:岡山県岡山市中区倉田357
電話:086-277-2201

ボンヴォイージは岡山市倉田にあるカレー店です。
店内は5人ほどで切り盛りしており、切り盛りしているのはわりと年輩の女性が多い印象です。

そして、美術画や花などがたくさん飾ってあって、ボンヴォイージはやや洋風の昭和レトロな印象。
さらに、客層も年輩の女性や年輩の夫婦が多いかなという印象です。

ボンヴォイージのメニューはいろいろありますが、カレーやドリアがメインのメニューとなり、カレーはビーフカレー1400円、野菜カレー1400円、オムレツカレー1300円、チーズオムレツカレー1400円、トンカツカレー1400円などが主なメニューとなります。

そして、ドリアは野菜ドリア1500円、トンカツドリア1500円などが主なメニューとなります。
カレーもドリアもやや高い印象を受けますが、どれもサラダやスープ、漬物がセットでついてきて、さらに食後はコーヒーもサービスしてもらえます。

ボンヴォイージの座席はテーブルや相席テーブルなどがあり、わりと1人でも入りやすい店です。
メイン通りというよりは、裏道の通りに建っている店です。

営業時間は10時~17時となっているので、わりと早くに閉店するのでご注意ください。
そして、日祝は休業となっているので、ご注意ください。

わりとゆっくりできる店内で駐車場も揃っているので、気になる方は是非、ボンヴォイージを訪れてみてはいかがでしょうか。

カオマンガイ、渋谷区渋谷にある美容にも健康にもいいタイ料理店

海外旅行に行けなくなって、少し寂しいことがある。
海外のおいしいものが本場で食べられなくなったこと。

仕事で行ったタイでよく食べていたカオマンガイがやけに食べたくなって同僚に話したらおいしいカオマンガイのお店を教えてくれた。
渋谷の良く通る道にあった。

一見、なんか怪しいな、、と思うような店構えも、なんだかアジアっぽくていい感じ。
でも何となく懐かしい気がするなぁと思っていたらやはり、バンコクの有名店の東京店だった。

カオマンガイって当たりはずれがあるけれど、これは期待できると思った。
お店の中に入ると外国人っぽい店員さんが気さくに話しかけてくれた。

スープがついてくるんだけど、これがまた絶品。
このスープを飲んで、いざカオマンガイをいただく。

ベリーグッド。
本場のカオマンガイそのもので、鶏肉のやわらかさもちょうどいい。

そして極めつけは、もりもりにのっているパクチー。
このパクチーもりもりがほんとに美味しくて、スープに入れて飲んでもいい。

そしてこのスープにちょっとご飯を浸して食べるのもまたおいしい。
パクチーはお変わり無料。
美容にも健康にもいいのでたくさんおかわりしてたっぷり食べたい。

店名:渋谷カオマンガイ
住所:東京都渋谷区渋谷3-15-2 1F
電話:050-5869-8341