Archives

老四川、広島市西区にある火鍋が美味しい本格中華料理店

店名:老四川 楠木店
住所:広島県広島市西区楠木町1-9-11
電話:082-293-6464

広島市に3店舗展開している老四川、私自身何度も行ったことがあるお店です。
老四川の店舗は駅から歩いて10分程度ありますが、大通りに面していて大きな看板もあり行きやすい立地です。

JR横川駅とアストラムライン白島駅の中間地点にあるのでアクセス良好です。
車で行く場合は裏の駐車場になります。

老四川のメニューは、麺料理もあり一品料理もあり、鍋物も幅広くそろっていて
友達と鍋を食べたり、一人でサンラー刀削麺が無性に食べたくなった時行ったりいろんな場面で食べに行けます。

老四川おススメは火鍋です。
とにかくスープがピリ辛でおいしいです。
本格的な香辛料を使用しており美容と健康にいいような気になります。

実際に体に良い香辛料が入っているようです。
具はまれに凍っていることもありましたが、火を通すと溶けるので気になりませんでした。
プラスに捉えると鮮度面で安心ですね。

老四川の接客は、本格的な中華料理屋らしく片言の日本語です。
厨房とホールで何やら中国語らしき会話が聞こえてくることもあり雰囲気がでます。
店内はゆったりとしていてなんとなく重厚感があります。でも庶民的な感じもします。

老四川の価格は単品千円前後で、コース料理や飲み放題もあります。
おなか一杯食べて飲んでわいわいしたいとき、歓迎会や家族会にもピッタリのお店です。

山東、ミシュランガイドにも載った横浜中華街の名店

横浜中華街には大小合わせて200以上の中華料理店がありますが、その中でも根強い人気店と言えば「山東(さんとん」です。
店自体は他の店と比べると、そんなに大きくありません。

しかし、行ったらいつも行列ができていて、山東の確かな人気が伺えます。
また、地元を知る横浜の人達も行くお店です。

山東は若干日本人向けの味付けになっているのかとは思いますが、どの料理もソツなくおいしいです。

ですが山東に来たら、まず頼むのが餃子です。
それも水餃子です。

皮はやや厚めでシンプルですが、肉汁がジューシー。
来店客のほぼ全員がこの水餃子を頼みます。

人気の秘密はタレにあります。
よくある醤油、酢、ラー油ではありません。

様々な調味料が入っていますが、ポイントはココナッツです。
このココナッツを効かせたタレが独特で、ビールにも良く合います。

山東の接客はお世辞にも良くありません。
ですが中華街のお店は大半がそうです。
接客が良いのは、高級店か、マズいかのどちらかです。

なので中華街の中では普通。
お値段も手頃なところでしょう。

また、山東は夜10:00まで営業しています。
これは中華街では遅くまで営業している方なので、仕事帰りのサラリーマンやOLもよく見かけます。

店名:山東
住所:神奈川県横浜市中区山下町150
電話:045-651-7623

台湾料理 味仙 大阪マルビル店、名古屋で有名な台湾料理店が梅田に出店

店名:台湾料理 味仙 大阪マルビル店
住所:大阪府大阪市北区梅田1丁目9−番20号 大阪マルビル B2
電話:06-6343-0470

名古屋で有名な台湾料理屋の味仙が、大阪にもできたということで行ってみました。
場所は丸ビルの地下2階で、アクセスしやすい場所にあります。

味仙なんですが、酒を飲みながら料理を味わうことができます。
お酒に合うメニューが多いです。

味仙おすすめのメニューはたくさんあります。

人気の青菜炒めはニンニクが効いていて、シャキシャキした食感でうまい。
味加減が良いですね。

お酒のあてとして絶対に食べてもらいたいのはむしどり。
蒸しているで、あっさりとしています。

柔らかくて食べやすく、特製のタレがピリッとしていてうまい。
これを食べながらビールを飲むのが最高です。

同じく手羽先も、酒のあてにはぴったり。
名古屋で創業した味仙だけに、手羽先にはこだわりがあるんでしょうね。

そして、味仙の看板メニューといえば台湾ラーメン。
ミンチ肉とニラがたっぷり入った、具だくさんのラーメンです。
そして、唐辛子も入っています。

スープは鶏ガラと醤油をベースとしていて、麺はストレート麺です。
このラーメンなんですが、パッと見た感じはそこまで辛そうではありません。

その辺の中華そばより少しピリッとしたぐらいかなと思っていました。
食べてみると、かなり辛いです。

でも、めちゃくちゃうまい。
辛い物が好きな人は好きな味だと思います。

ちなみに辛すぎるのはちょっとという人には、辛さを抑えたアメリカンというメニューがあります。

他にも味仙には台湾料理のメニューがあり、どれも美味しかったです。
台湾料理を食べながらビールを飲むのも良いと感じました。
興味のある方は、ぜひ味仙に行ってみてください。