Archives

豚ラーメン、蕨駅徒歩2分にある蕨では隠れた人気ラーメン店

店名:豚ラーメン
住所:〒335-0004 埼玉県蕨市中央1丁目33−8
電話:048-434-5500

JR京浜東北線 蕨駅西口から出て右折し3分程。黄色いやねが見えてきたらそれが目印です。

その名も豚ラーメン。
明らかにとんこつ系を名乗っているお店がこちらになります。

豚ラーメン店内は7人程が入ると一杯になる超狭い店内です。
調理場とほぼ同じ広さというところが、男のラーメンを提供しているラーメン屋さんという感じであります。

豚ラーメンは食券を買っておくと、その場で麺の好みなどを依頼します。
暫くすると出来上がると、おまけをしてくれるのが魚粉やニンニクなどのこのみで増量が可能だそうです。

具材は大量の野菜、もやしやキャベツが入り、インパクトのあるチャーシューというよりは、肉の塊が二つでんと置いてあります。
これは噛みごたえがあり、漫画にでてくる肉みたいな感じです。

ラーメンは極太面。
大盛頼みましたが食べきれませんでした。

何より麺が太いので量が多くなります。
大盛がかなり大食漢の人でないと難しいです。

それぐらい量があります。
尚且つ野菜の増量などやった日には食べるのに一苦労でしょう。

スープはこいくちの醤油に勿論とんこつ。
スープの迫力にチャーシューと麺が負けてない。

かなりガテン系のラーメンが、豚ラーメンの売りでしょう。

きぶん一、新潟県の月岡温泉街にある行列必至の人気ラーメン店

店名:きぶん一
住所:新潟県新発田市月岡温泉669-1
電話:0254-32-3350

きぶん一は、新潟県の有名な温泉、月岡温泉街の中にあるラーメン屋さんです。

きぶん一の名物は、「蒲原ラーメン」という豚骨ラーメンです。
スープはあっさりしていながらも、豚骨の味がしっかりとしていて深みがあり、ついつい飲み干したくなる美味しさです。
トッピングに乗っている紅しょうが、チャーシュー、ネギとの相性も抜群で、やみつきになってしまいます。

きぶん一の営業時間は10:30~14:00となっていますが、休日は開店前から行列ができ、昼時は20組以上待っていることもあります。

ただ、メニューが少ない分、回転も早いので、そこまで待ち時間が長いということはありません。
スープが無くなり次第、閉店となるため、確実に食べたい、という方は、早めに来店することをオススメします。

きぶん一のお店はカウンター、テーブル席以外にお座敷も用意されているので、小さなお子様がいる方でも安心して利用できます。
お子様連れの方には「紅しょうが、ネギ入れても大丈夫ですか?」と聞いてくれ、心遣いも嬉しいお店です。

替え玉は1杯分サービスとなっているので、ガッツリ食べたい方にもオススメです。

満喜、湖南市の県道13号線沿いにあるこだわりを感じるラーメン店

店名:満喜
住所:滋賀県湖南市岩根中央2-2
電話:090-2102-2214

満喜は会社の同僚と美味しいラーメンが食べたくなり、夕食に伺いました。
場所は、にごり池自然公園前の県道13号線を三雲駅方面に向かうと右手に飲食店が3~4店舗入ったテナントビルの一角にあります。

満喜の店内は、カウンター席の他、3~4席のテーブル席があります。
思ったより広々としていて、よくあるラーメン屋さんのせせこましい雰囲気ではありません。

また、満喜の店内の壁には地元出身の元ボクシングの世界チャンピオンである山中慎介選手のサインと写真がところせましと飾られてあるのが印象的でした。

メニューは、あっさり系とこってり系で大きく分かれた中華そばの他、チャーハンや餃子の他、お酒のあてになる一品料理も充実していました。
今回、オーダーしたのは、650円のあっさり系中華そばと餃子とチャーハンです。

美味しかったは、やはりあっさり系ラーメンです。
魚介系スープで、魚介の旨味と甘みが凝縮されていてあっさりとしていながらもコクがあり、ちぢれ麺との相性がよいと思います。

チャーシューも厚みはそれ程ありませんが、すごくジューシーで美味しかったです。
あっさりとしていますが、非常に食べ応えがあり、良心的な価格設定だと思います。

満喜はサービスも問題なく、次回はこってり系ラーメンを食べてみたいです。